HOME > 綺麗な髪のためのホームケア > カラー・パーマの注意点 > カラーやパーマでの注意点(2)

綺麗な髪のためのホームケア

< カラーとパーマの同時施術はダメですよ!  |  一覧へ戻る  |  カラーやパーマでの注意点(1) >

カラーやパーマでの注意点(2)

カラーやパーマなどの薬剤施術後に大切なのは、

不必要になった薬剤をしっかりと除去することです。


といっても、何のことやら、あまりピンときませんね...

分かり易くお伝えすると、

薬剤が残留してしまうと、

髪や頭皮に悪影響を与えてしまいます。

(残留した薬剤による髪や頭皮への影響については
こちらで詳しく説明しております!)

いくら栄養成分を与えても、

髪自体にダメージの進行を続ける原因が残ったままでは、

髪は綺麗になりません。

カラーをしてしばらくすると、

色が落ちて明るくなったり、

パサパサになったりした事はありませんか?

パーマをしてゴワゴワになったり、

ギシギシになったりした事はありませんか?
 
これらは残留した薬剤が原因の1つです。

見た目や手触り重視で被膜系トリートメントをしても、

綺麗に見えるのはその時だけ...

かえって余計に傷んでしまいます。

薬剤施術後は、

髪や頭皮に薬剤を残さないよう除去する事が大切です。

riLianは使用する薬剤や髪に有効な栄養成分に拘り、

出来る限り髪や頭皮に負担をかけず、

薬剤を残さないようしっかりと除去を行っております。

< カラーとパーマの同時施術はダメですよ!  |  一覧へ戻る  |  カラーやパーマでの注意点(1) >

カテゴリ:

このページのトップへ