HOME > 綺麗な髪のためのホームケア > カラー・パーマの注意点 > カラーやパーマでの注意点(1)

綺麗な髪のためのホームケア

< カラーやパーマでの注意点(2)  |  一覧へ戻る  |  髪が濡れてる時って無防備状態? >

カラーやパーマでの注意点(1)

カラーやパーマは髪を傷めてしまう...

ダメージを気にされている方は、

出来るだけ傷みを抑えるために、

カラーやパーマをされる時に、

一緒にトリートメントもされる方が多いようですが、

ここで1つ注意して頂きたいのが...

トリートメントによってはさらに髪を傷めてしまう場合があるという事です。


「えっ?トリートメントで髪が傷むの?」

ビックリされる方が多いのですが...

トリートメントの種類にもよりますが、

殆どのトリートメントは被膜系のものです。

被膜系トリートメントは速効性が高く、

髪の表面をコーティングして指通りを良くし、

艶を出すトリートメントです。


カラー、またはパーマと一緒に被膜系トリートメントをしてしまうと、

髪の内部に残留した薬剤まで閉じ込めてしまいます。

そして残留した薬剤によって内部のダメージは進行し続け、

トリートメントの被膜が落ちてくると...

カラーをした時、パーマをした時よりもさらに傷んだ髪が現れます。

殆どの方はこの時、

髪が傷んだとショックを受けられます。

トリートメントだからといって全てが良い訳ではありません。

トリートメントをするタイミングと内容や種類が大切です。
 

< カラーやパーマでの注意点(2)  |  一覧へ戻る  |  髪が濡れてる時って無防備状態? >

カテゴリ:

このページのトップへ