HOME > 綺麗な髪のためのホームケア > 高温のアイロンの危険性

綺麗な髪のためのホームケア
高温のアイロンの危険性

高温のアイロンはとっても危険!!

セットの時や、癖を伸ばす時に便利なアイロン。

今では機能も増えて、

200度を超える超高温アイロンもありますね。

あなたは使ってますか?

私たちはサロンワークで使いますが、

アイロンは使い方によっては、

髪に取り返しのつかないダメージを与えてしまう場合があります。

髪はある程度の熱には耐えられますが、

140度以上になると火傷を起こしてしまいます。

ただ、熱い~!!って言わないだけで、

確実にダメージを受けてしまいます。

髪は一度傷んでしまうと二度と元には戻りません。

絶対、高温でのアイロンは避けて下さい。
 

火傷を負ってしまった髪は...

アイロンなどの熱によって火傷を負った髪は、


カラーの色素が浸透しにくく、

表面で発色してしまうため、

くすんだ色になったり、早く褪色してしまいます。

パーマに至っては表面がカリカリに焼かれ硬くなっているため、

カールやウェーブが付きにくく、

パサついた感じなってしまいます。

また、高温で使用する度、火傷は蓄積します

ダメージが大きくなり、

形が付きにくくなってしまうと、

更に熱が必要になるため、

高温処理になってしまい、

髪はますます傷んでしまいます。
 

このページのトップへ